社会問題!?情報収集と見学で「保活」

シングルマザー

保育園不足が社会問題となっていますので、子供が生まれる前から保活を始める人も少なくありません。
現代では核家族化が進んで家でおじいちゃんやおばあちゃんに面倒を見てもらえる人も減っていますし、家庭の事情で共働きをしなければならないケースも増えています。
また、シングルマザーやシングルファーザーの家庭も多いので、こういった諸々のことが保育園不足という社会問題に直結していると考えられています。

保活を始める場合には情報収集が大事になります。
収入によって保育料が決められるのは認可保育園であり、低所得者の場合は安い料金で子供を預けることができるというメリットがあります。
利用できるのは居住している市区町村か、あるいは保護者の勤務先や在学先という制限がありますので、まずは利用できる施設を調べてその中から候補を絞っていく作業が必要です。
情報収集では主にインターネットを使うことになりますが、周囲の利用者の生の声を聞いてみるのも良い方法です。

気になる保育園が出てきたら、情報からだけでは分からないこともありますので実際に見学をしてみる必要があります。
見学時に聞きたいことがあれば、あらかじめまとめておくことをおすすめします。
いくら気に入った保育園があっても募集を行っていなければ意味がありませんので、事前に募集があるかを確かめることが先決です。
自治体に確認すればすぐに教えてくれます。
自治体の窓口ではまだ空きがあって募集をしている保育園の情報が分かりますので、保活を行う人は相談に行く必要があります。

待機児童が減ってきているという意見もありますが、実態としてはまだまだ不足していると感じている人が多いようです。
兄弟で同じところに入れない、通いにくい場所の保育園しか空きが無いといった問題もありますので、保護者にとっては頭の痛い問題です。
多様化する働き方に合っていないという声もあり、制度として行き届いていない部分もたくさん見受けられますが、子供を預けて働くためにはある程度は折り合いをつけながら進むしかありません。

認可保育園以外の選択肢もあり、勤務地や居住地に関わらず預けられるところもあります。
無認可施設の場合は施設ごとに預けられる時間が異なり、24時間対応をしているケースもありますので、一般的な勤務形態でない人たちに重宝されています。
いくつかの選択肢が用意されていますので、あとはご家庭の判断で何がもっとも良いのかを見極めながら利用することが大切です。